〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-261-1 キャピタルビル3F
土日診療
さいたま新都心駅より 徒歩1分
TEL:048-600-1711

さいたま新都心駅より徒歩1分の歯医者

予防・メンテナンス

さいたま新都心駅のさいたま新都心デンタルクリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

PMTCとは

毎日すみずみまで磨いているつもりでも、歯ブラシの届きにくいところや汚れがたまりやすいところができてしまうものです。
歯と歯の間は鏡を見ながら磨いても汚れが落ちませんし、歯と歯肉の境目は自分では、なかなか磨けません。
こうした磨き残しや長いうちに蓄積された歯石などを除去していくのがPMTCです。
PMTCを行うことで、歯肉炎や歯周病の予防が期待できます。


歯周病について

歯周病はほとんど自覚症状が現れない病気で、かなり進行しないと症状がでてきません。
それだけに早いうちの治療が大切になります。

歯周病の進行

歯周病は歯と歯茎の間に「歯周ポケット」と呼ばれる隙間ができ、プラーク(歯垢)がたまります。それがどんどん深くなり、進行すると歯を支える歯槽骨も吸収してしまいます。

初診時にひどい歯周病(中等度と重度)の患者さんは多くいます。

年代 ひどい歯周病
(中等度と重度)
の割合
30代 15%
40代 40%
50代 56%

むし歯に比べて、歯周病がひどくなるまで放置されていることがわかります。

歯周病の原因

歯周病の直接の原因はプラークの中にいる歯周病菌ですが、それだけで歯周病になるのではありません。
病気のかかりやすさを左右している因子、リスク因子があることによって歯周病になるのです。

主なリスク因子

  • 喫煙
  • 遺伝的な要因
  • 糖尿病
  • 薬剤の副作用
  • 女性の思春期、妊娠、更年期
  • ストレス
  • 骨粗鬆症
  • 偏った食生活
  • 歯並びの悪さ など

中で最も大きな影響があるのは喫煙です。
同じ年齢の非喫煙者に比べて3.9倍も歯周病になりやすいというデータがあります。
喫煙は歯周病の進行を速く、ひどくします。

プラークの除去

歯周病の原因となる歯周病菌を減らす為には、毎日のていねいな歯みがきでプラークを除去していくことが必要です。
みがき残しを防ぐために、歯科衛生士の方に効果的な歯みがきの方法や、歯間ブラシのような口の中の状態に応じた道具の使い方を教えてもらいましょう。
しかし、歯ブラシでは落としきれない頑強なバイオフィルムという構造体が歯にこびりついています。
これは歯医者さんで定期的に専門的なクリーニング(PMTC)をしてもらうことが有効です。

  • 普段から効果的な歯みがきをする
  • 定期的なクリーニング(PMTC)を受ける

プラークの除去はむし歯予防にも必要になります。

リスク因子の改善

歯みがきに熱心でも年をとって入れ歯になってしまう人もいるかと思えば、たいしてみがかないのに歯の丈夫なお年寄りもいます。これはリスク因子の差です。

遺伝的な要因は変えることはできませんが、それだけでは病気にはなりません。
歯医者さんで改善できるリスク因子や、アドバイスを受けて自分で改善できるリスク因子もあります。このリスクを下げることが予防であり、治療でもあります。

ページトップ